IラインとOラインの脱毛をする時に気をつけること

ただでさえ、見えにくい部位代表のデリケートゾーン、その中でも、自分では全く見ようと思わない限り見えない部位が、IとOラインです。皆さんは、自分のI・Oラインを見たことはありますか?ちなみに、私は今でも自分では見たことはありません。ただ、主人の言葉と脱毛経験をして、I・Oラインにはしっかり毛が生えている事実は認識しています(笑)。そんな“未知”なる部位、I・Oライン脱毛の施術で気をつけるポイントは何でしょうか?

 

I・Oライン脱毛の施術をした女性

 

  • 毛はほぼ残す必要はないです。

    前の部分(トライアングル部位)との繋がりや前からの見え方を考えると、Iラインの前側に多少の毛が残っていても良いとは思いますが、それ以外を残す必要はほとんどありません。ですので、希望の形も何もありません。それに、I・Oラインも痛みを軽減するために、光脱毛で行う方が多いと思います。光脱毛では、即効果は期待できないので、自分の毛の減り方の様子を見ながら施術を行ってみてください。

  •  

  • VIOラインはセットで施術することお勧めします。

    勇気がなくて、I・Oラインの施術を後回しにする人が多いと思いますが、Vライン脱毛を行うことを決めたのなら、一緒に行いましょう。ほとんどのサロンで、後から追加して脱毛していくことは可能ですが、何よりもツルツルになるまでに時間がかかります。VIOラインの毛は、他部位に比べても濃く太い毛が多いので、かなりの期間を要します。気持ちの面で、勇気がいる決断になると思いますが、スタッフは慣れている方がほとんどですので、こちらも慣れてしまいます。

  •  

  • 生理日を避けるように予約しましょう。

    特に、予約が取りにくいサロンの場合は、生理に重なってしまうと、施術を受けることができない場合がほとんどですので、分かっている範囲で生理日を避けて、予約を取るようにしましょう。また、万が一重なってしまった場合は、すぐにサロンに連絡をして、予約を取り直しましょう。